ユーグレナから生まれた麹酵素の副作用

ユーグレナから生まれた麹酵素の全成分効果と副作用危険度を徹底解析!

 

今回はユーグレナから生まれた麹酵素の副作用についてまとめています。

 

結論から言うと、ユーグレナから生まれた麹酵素は非常に副作用危険度の低い酵素サプリです。

 

ユーグレナから生まれた麹酵素にどんな成分が使われているか気になっている人はこの記事を、安全性さえ確認できればOKという人は公式サイトを確認しましょう!

 

 

成分名 効果 副作用危険度
ミドリ麹粉末(国内製造) 抗酸化作用を持っている硫黄化合物の含有量が向上する効果などがあります。
米デンプン 米から澱粉質のみを精製したもので、粒子が細かく糊液の滑らかさ、耐老化性に優れています。
殺菌乳酸菌末 腸内フローラを介さずに直接、体調調節機能を発揮する成分です。
黒胡椒エキス末 脂肪燃焼やエネルギー代謝の促進、血管を広げて血流を良くする作用があります。
酪酸菌末 腸内細菌叢のバランスを改善して下痢や便秘、腹部膨満感などの各種腹部症状を改善します。
パン酵母エキス末(グルコポリサッカライド含有) パン酵母由来のベータグルカンとも呼ばれる成分です。自然免疫を強化する働きがあります。
植物発酵エキス末 腸の働きが活発化し、腸内環境が整い、便秘や肌のトラブルに効果があります。
乳酸菌凍結乾燥末 腸内環境を整え、免疫力のアップやアレルギー症状の緩和、美肌効果などがあります。
酵母エキス末 遊離アミノ酸が豊富に含まれており、NMF様作用による保湿効果があります。
ブラックジンジャーエキス末/HPMC 体重及び内臓脂肪重量の増加、血中中性脂肪値の増加を抑制します。
ステアリン酸カルシウム 撥水性および潤滑性を有しており、顔料・粉体の流動性を向上する働きがあります。
ビタミンB6 水に溶ける水溶性ビタミンのひとつです。皮膚炎を予防することから発見されました。
ビタミンB2 皮膚や粘膜の健康維持を助け、糖質、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーに変えます。
ビタミンB1 糖質からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助けたりする成分です。
着色料(二酸化チタン) 食品添加物としての使用が認められていますが、制限がきつく着色料以外には使用できません。
葉酸 酵素の働きを補助し、タンパク質や核酸の合成をサポートし、新陳代謝や成長に欠かせません。
シクロデキストリン 食事中の余分な脂質や有害物質を包んで排出したり、糖質の吸収を抑える働きがあります。
香辛料抽出物 独特の香りや辛味による食欲増進作用、防腐作用、殺菌作用や着色効果などがあります。
ビタミンB12 葉酸と協力して赤血球中のヘモグロビン生成を助けたり、脳からの指令を伝える神経を正常に保ちます。

 

副作用危険度:当サイト編集部の基準で記載

 

ユーグレナから生まれた麹酵素には一体どんな成分が含まれているのでしょうか?

 

上記の表を確認してみると、ユーグレナから生まれた麹酵素には副作用を引き起こす危険な成分は一切含まれていないことが分かりますね。

 

健康的に美しく痩せることが大切ですから、安全な成分だけで作られているユーグレナから生まれた麹酵素は信用することが出来ます。

 

しかし、製造過程で意図せず危険な物質が混入してしまう可能性も否定できませんよね。

 

そういった不安をお持ちの方もご安心ください。

 

ユーグレナから生まれた麹酵素はGMP認定工場という、国内の衛生基準を満たした安全な工場で製造されています。

 

国から認められた衛生基準なので、とても信頼がおける製品と言えるのではないでしょうか?

 

安全性の高い酵素サプリをお探しの方は、公式サイトよりユーグレナから生まれた麹酵素をお試しください!